先日、台風19号が関東地方を直撃した際、

台東区の避難所で路上生活者の受け入れを拒否した

ということが起き、ネットで話題になっているようです。

最初このニュースを聞いたとき、行政がこんなことしていいのか!

と思ったのですが、ネット上では結構賛同している方も多いようです。

その方々がどのような主張をしているかというと

○不衛生なので、病気などが心配
○臭い
○税金を払っていない人間は避難所に入る資格がない
○窃盗などの犯罪が心配
○区民が優先

といった感じです。

確かに、当事者の立場に立って考えてみたらその通りという気もします。

安倍総理のコメントは
「避難所は、災害発生後に被災者の生命身体などを保護するために、
被災者が一時的に生活を送るために、設置されたものであり、
各避難所では避難したすべての被災者を適切に受け入れることが望ましい。
関係自治体に事実関係を確認し、適切に対応していく」


台東服部区長
「台風19号の際に、路上生活者の方に対する対応が不十分であり、
避難できず、不安な夜を過ごされた方がおられたことにつきましては、
大変申し訳ありませんでした」

とコメントしているようです。

それらを受けて

私自身の感想を書いてます。
まず1番強く感じた事は、行政の立場で、
避難所受け入れを拒否するということは決してあってはならないことだと思います。
受け入れ拒否をしろと言う人も大勢いるともいますし、気持ちもわかります。
自分がもし、その場に居合わせたら受け入れを拒否してほしいと思うかもしれません。
でも、それを説得するのが行政の立場の人の役割なのではないでしょうか?
なので、今回の台東区の対応は言語道断。深く反省し、二度とこのようなことがないようにしてほしいです。
ですが、その一方で、衛生面や、治安の悪化などの心配をする人がいるのも事実。
しかし、そもそもホームレス=汚い、臭い、悪い人と決めつけてしまうことに
問題があるのではないでしょうか?
ホームレスでも、衛生的な人もいるし、いい人もいます。
ただ家がないというだけで生きる資格がないというような扱いをするのは消してあってはいけない。
不衛生だから、病気だから、窃盗犯だから、という理由で受け入れを拒否するのならわかります。
しかし、状況が状況だけにそういう人でも安全を確保する権利はあるのだから、一般の方と一緒にするのは
無理かもしれないが、別の場所などを用意して対応しなければならないと思います。
ホームレスでも、衛生面等の問題がなく、ほかの避難者からの苦情やトラブルがなければ、一緒に受け入れる
べきだと思います。