先日台東区の避難所受け入れ拒否問題に関する自分の考えを書きましたが、

メンタリストDaiGOさんがツイッターで以下のようなアンケートをされていましたが、

変なアンケートだなと思っています。

念のためアンケートしてみます。
赤の他人の命と自分のペットの命、
どちらか選べと言われたら大切なのは?

このアンケートは赤の他人の命と自分のペットを比較しているわけですが、

そんなのペットに決まってるのではないですか?

ペットとはいえ自分の家族なんですから。

赤の他人と比較するなら赤の他人のペットと比較しなければ

おかしくないですか?

そうしないと、人間の命の重さと動物の命の重さの

どちらが重いという比較にはならないのでは?

このアンケートを言い換えれば、他人の命と家族の命どちらが重いのか

と言っているのと変わらないと思います。

どうでしょうか?

ちなみにこのアンケートの結果は、83%がペットで17%が赤の他人となっていました。

この結果で何が言いたいのでしょうか?

自分のペットの命の方が赤の他人の命のより大切ということでしょうか?

気持ちはわかりますが、ちょっと怖いですね?

人間の命と動物の命を比べるならば、人間の命のほうが重いに決まってます。

なぜなら、赤の他人にも家族がいるのです。

その方の気持ちを考えてみればわかると思いますが、

赤の他人のペットのために自分の親や子供が犠牲になった

と聞いたら納得できますか?

そんなことが通用する社会になったら、ほんと怖いです。

とはいえ、ペットの命もかけがえのない命です。

なのでどちらか選ぶのではなく、どちらも選べる社会にしなければいけないと思います。

しかし、避難所にはアレルギーの方などもいるわけですから、

一緒の場所に避難するというのはちょっと無理かもしれない

ペットと人間は別々の場所に避難するようにしなければいけないのではないかと思います。